下関酒造,内田忠臣,獅道,純米大吟醸,内田喬智

時代のニーズに合わせて進化する

1923年の創業以来、下関酒造の代表銘柄として活躍してくれた「関娘」は、時代とともにどんどん進化を遂げていきました。

今の関娘には、かつての「甘口の関娘」のイメージは、まったくありません。

リーズナブルな定番酒という存在は残りつつも、例えば「関娘 本醸造 復刻版」は昔とはひと味違うすっきりとした味わいになっています。

時代のニーズに合わせて、ちょっとずつ味わいが変わっているのです。

関娘の大吟醸原酒は、広島国税局の清酒鑑評会で優等賞を受賞するなど高い評価を受けるお酒です。

リーズナブルなものから、高級なものまで、約100年の歴史の中で、どんどんパワーアップしてきたのが関娘。

この先の未来、関娘はどうなっていくのか?

常務の内田喬智は「関娘を変えていきます。ずっと同じものを出し続けるつもりはありません」と力を込めます。

大正から下関酒造の看板商品であった関娘は、令和の時代のニーズに合った関娘へ進化し続けます。

下関酒造株式会社