名古屋,日本酒,コストコ,大吟醸,ヒレ酒

人のぬくもりと機械が混じり合う

下関酒造では、日本酒の生産コストを減らす努力を続けています。

生産コストを減らすことで、お客様にお酒をリーズナブルに提供できるからです。

私たち下関酒造は、たくさんの人たちに飲んでもらえる酒造りに力を入れています。

そのためには、リーズナブルな値段でなくてはなりません。

もちろん低価格でも、うまい酒でなければ、多くの人に愛されません。

では、下関酒造ではどう生産コストを減らすのか。

それは、人間の手だけに頼らない酒造り、つまり機械化です。

すべて手づくりだと職人たちの物語を感じますし、その物語が酒をうまく感じさせてくれるかもしれません。

ただ、おいしい酒を造るには、すべて手作業で行う必要はありません。

機械で作業すれば手作業以上に均一に、しかも蔵人の負担を軽減しながら高品質の酒ができるのです。

酒造りの作業の効率化、スピード化は生産コストを減らす上で重要です。

さらに、機械化することで、蔵人が知恵を絞る時間を生み出せます。

もちろん、機械でできない工程は、人の手が入ります。

機械を制御するのも、蔵人の仕事。

下関酒造では人のぬくもりと機械が混じり合って、うまくてリーズナブルなお酒を提供できるのです。

下関酒造株式会社